【エリカ38】浅田美代子がミニスカートにベットシーン?過激な露出が話題
スポンサーリンク

浅田美代子さんと言えば、ほわーんとした可愛らしい感じのキャラで、ちょっと天然も入っていたりして、馴染みのあるタレントさんですよね。その浅田美代子さんがミニスカートはいたり、ベットシーンにも挑戦したっていうので、調べてみました。

浅田美代子さんってどんな人?プロフィールなど

「浅田美代子」の画像検索結果【名前】浅田 美代子(あさだ みよこ)
【出身地】東京都港区出身
【生年月日】:1956年2月15日生まれ(63歳)
【血液型】B型
【身長】157センチ

【デビュー】1973年ドラマ「時間ですよ」
【旦那さん】1977年に吉田拓郎さんと結婚、1983年離婚
【活動】女優、タレント、歌手

マルチな活動をされている浅田美代子さんですが、もう63歳になるんですね!見えないな〜

歌手としても活躍していて、ご存知の方も多いと思いますが、歌手としてのデビュー作はこちらの「赤い風船」です。週間売上1位も獲得しています。

今と雰囲気はあまり変わらないですよね〜。本当に可愛らしい感じです。歌っている姿も、とっても可愛らしいです。

歌手としてもとっても人気があった浅田美代子さんですが、演技の世界でもとても活躍されています。

テレビドラマや映画など、数多くの出演を果たし、様々な役どころをこなしています。

タレントさんとしての活動もたくさんしていて、有名なところだと、「さんまのからくりTV」ではないでしょうか。明石家さんまさんや中村玉緒さんとの掛け合いがなんとも言えず面白かったです。

こういう素の浅田美代子さんを見ていると、本当にほんわかしていて、天然で可愛らしいイメージしかないのですが、今回その浅田美代子さんが、映画でベットシーンにも挑戦してしまっというのですから、驚きです!

 

 

【エリカ38】で浅田美代子さんが脱いだ??気になる過激なベットシーンとは?

 

エリカ38は実際にあった事件をもとに、制作されています。今回この映画を企画した樹木希林さんが、たまたま浅田美代子さんとの話しの中で、「浅田美代子が女性詐欺師やったら、面白そうよね」といったことから、始まったみたいですね。

金に欲に溺れた女性の半生を描いているこの映画では、主人公は結婚・離婚・社長の愛人・会員制クラブのママ・歌手・社長など、様々な変化を続けます。

お金を手に入れるために、男に色目を使い、甘い言葉で誘惑し、手に入れたお金でしたいがままに自由に生きる。ホストクラブに貢いだり、外国に男を囲ったりする、そんな女性の生き様を見事に演じています。

ちなみにこちらの画像は、モデルとなった山辺節子。(当時62歳)確かにこの時も、肩をだしてショートパンツ姿ですね。

この人、架空の儲け話で120人以上から27億円も集め、被害総額は7億円とも言われています。2017年に7年の実刑判決が出ていて、今は刑務所に収容されています。

この山辺節子をモデルとした映画「エリカ38」で、浅田美代子さんは62歳でありながら、38歳と偽り生きる「エリカ」という役に挑戦しています。

そんな映画の中で、ものすごく話題になっているのが、浅田美代子さんのミニスカート姿や生足もそうですが、なんといっても「浅田美代子さんのベットシーン」です。

62歳でベットシーンって、かなり肌とかに自信がないと出来ないですよね。でも見事にそれをやってのける浅田美代子さんって、やっぱりすごい女優さんだなって思います。

ベットシーンに限らず、この映画の中でミニスカート履いたり、露出度の高い服も着ているので、そういうギャップを見るのも面白いです。

スポンサーリンク

まとめ

この映画を観ていると、やっぱり人って「お金」で変わるんだな〜思う。お金と欲とごちゃごちゃに入り混じって、何が正しいのかもわからなくなってしまうほどに人を変えてしまう。

騙したのは誰?騙されたのは誰?本当はエリカも被害者なのではないかと思ってしまう程、ドロドロした汚れた人間関係もあり。

一番怖いのは、金に欲に男に溺れていったエリカではなくて、エリカを自分たちの都合のいいようにコントロールして、自分たちの手は一切汚さない周りの人間なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
映画の関連記事
  • ウォーターボーイズ
    ウォーターボーイズのモデルは川越高校の柴田周平?現在は舞台役者で会社員?
  • 【エリカ38】浅田美代子がミニスカートにベットシーン?過激な露出が話題
おすすめの記事